2013年06月18日

ヒンディークラス 5th&6th Days

昨日と今日はヒンディークラス5回目・6回目でした。
だんだん難しくなってきた!毎回復習しないと追いつかない!でもたのしーぴかぴか(新しい)

いよいよ、デーヴァナーガリーの12個の母音(Swar)以外の子音(Vyanjan)が始まりました。

अ आ इ ई उ ऊ
ए ऐ ओ औ अं अ ः

क ख ग घ ङ
च छ ज झ ञ


今日はここまで。

IMG_5882.JPG


IMG_5883.jpg


で、これらを使った単語を学んだり、読み書きの練習をしました。
難しい〜!

また、数字21から29までの読み書きの練習をしました。
ヒンディーは日本語と違って、21から29までそれぞれ呼び方が違います。(もちろん30代以降も)

IMG_5879.JPG


その他、動物・身体の部位・草木・鳥などの単語も学びました。

IMG_5880.JPG


IMG_5881.JPG


覚えることがたくさんあるーーー!
家に帰ってきてからも読み書きの復習をたくさんしました。
書きながら声に出して発音して、また書いて読んでの繰り返し。

最近、新しい文字や単語を教えてもらう時、先生の表情をよく観察するようにしています。
どういう表情をして発音をしているか。
きっと同じ表情をすれば発音が近くなるんじゃないかなーと思って。特に口の形など。


さらに、自分で以前買ったヒンディーのテキストでも自習しています。
クラスで学んだあとにこのテキストを読むと、また理解が深まりますわーい(嬉しい顔)

IMG_5884.jpg
posted by Hiroko Sarah at 21:49| ムンバイ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒンディー&マラーティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
香港の俳優さん、地元の言葉の広東語を話してる時と、北京語話してる時って表情、違うんです。
(あたしも香港での自分の顔、違うなあ、とおもいます。日本語話してる時と。〉

Sarahさんが先生の表情見てる、っていうの、はっとしました。

言葉によって、顔の筋肉の使い方も変わりますものね。

ああ!そして、Sarahさんは日本でまた、さらに「日本語上手ですね」って言われるんだわw
Posted by やっほー at 2013年06月19日 22:20
やっほーさん:
いつもコメントありがとうございます♪
やっぱり香港の俳優さんも言語によって表情違うんですね。
私も、英語、ヒンディー、日本語でそれぞれ違う気がします。でも最近は英語はインド英語でヒンディーと近いし、日本語でもオーバーアクションぎみなので、ますます「日本語上手ですね」と言われそうです(笑)

ちなみに今日も銀行に行って日本のパスポートを出したら、「あなたインド人だと思ってた!インド人(マニプールあたりの)に見えるよね〜」と言われました(笑)
Posted by Hiroko Sarah at 2013年06月20日 04:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック