2013年10月26日

Flat契約更新完了&インドでの家探し

今住んでいるFlatが来月から更新で、今週会社を半休してポリスのレジストレーションオフィスに行ってきました。

Flatの更新契約レジストレーション完了。
勝手がわかってる分、去年よりスムースでした。

しかし、契約更新の話の時には、エージェントとオーナーとでひと悶着ありました。
最初オーナーから更新の話があったので直接話していたのだけど、問題発生でAgentの社長とミーティングすることに。
Agentの社長と直接会って話したらあっさり問題解決。
オーナーは一癖ある人だけど、Agent社長は誠実で信頼できる人なので、Commision(家賃一ヶ月分)払っても任せた方が安心。

話し合いの後、Agreement(契約書)ドラフトを確認して、いくつか修正してもらい、無事書類完成。
去年見た時はあまり良くわからなかった内容も、今年はばっちり理解できるようになっていた!
知らぬまに英語力アップしたのかな。嬉しいな。

この書類でレジストレーション完了しました。
そして今日、Agentのスタッフが更新契約書のコピーを届けてくれました。
更新手続き全て無事完了!


更新時にちょっとあったけど、去年初めてFlatを契約した時よりは全然ラクでした。
去年初めてFlat探しを始めた時は、まだムンバイで就職をしていなくて家探しへの会社のサポートもなかったし、ビジネスVISAだったし、外国人だし、シングルパーソンだしで、いろいろと大変でした。

かわいいまずAgentにコンタクトを取って、希望の条件(家賃、間取り、家具付きかどうか、場所等)を伝え、条件に合った物件があった時に連絡があり、Agentのスタッフと一緒に見学へ。

ここのWebsiteも物件探しの参考になります。
http://www.magicbricks.com/


結局、探し始めてから契約するまで二ヶ月かかり、物件見学も20件以上して、決まりかかったのに途中二転三転したりで、メゲたり本当に大変だったけど、結果一番良い環境で良い物件が決まりました。

かわいいインドではファミリー単位の広い間取りの物件が多く、シングルパーソンはオーナーやソサエティーが受け付けてくれないところも多いです。
(一人暮らしの場合、ルームシェアしている人が多い)
オーナーがシングルパーソンOKでも、ソサエティーがNGだとだめだし。

かわいいまた、事前にオーナーとソサエティーとお会いしてインタビューをします。
ソサエティーは団地組合みたいなものかな(笑)
このインタビューで承認されて、初めて住民として認められるのです。

その他家探しに必要なのは、

かわいい自分の身分証明書類をいろいろ提出
※パスポート・VISA・FRRO・PANカードコピー、仕事や給与の証明となる書類、インドで後ろ盾になってくれる人や企業の書類、現在滞在している場所の証明書類、等。

かわいい契約書ドラフト(英語で10ページくらいある)を確認して、必要事項を修正
※しっかりすみずみまで確認が重要!
※契約期間は、通常11ヶ月。

かわいいデポジット支払い
※契約時に払うもので、家賃数ヶ月分とか1〜2Lakhsとか物件や地域によってかなり異なります。ムンバイは家賃もデポジットも高いです。通常、退出時に返金されます。

かわいいAgentへの手数料支払い
※通常、家賃一ヶ月分。
※もちろんAgentを通さなくても家探しはできますが、オーナーと直接交渉なのでいろいろと面倒です。
※Agentの質もいろいろなので、Agent探しは慎重に。

かわいい最初の月の家賃支払い
※デポジットや家賃はネゴシエーション可能。

かわいいポリス・レジストレーションオフィスに行って住民登録


誰にも頼らずに一人で家探し〜契約までして大変でしたが、それを乗り越えられたことが自分の自信につながり、あの時の経験が今いろいろと役に立っていますぴかぴか(新しい)


写真は2月にうちでHousewarming partyをした時のもの。
なかなか快適なお家なのでするんるん

547877_422937391120631_1720929277_n.jpg


また、6月21日(金)に生放送出演した インターネットTV Mopal(ムーパル)新番組「インドNOW」でも、うちの様子をご紹介しています!
posted by Hiroko Sarah at 20:43| ムンバイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外移住お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック